FC2ブログ

小沢の真意

  • 2007/11/30(金) 16:31:10

んー、確かにNO!と言える日本を作る為の政策が通るならば、連立や協議はアリ。
結局、福田が自民党の延命に固執して、今までの憲法解釈すら捨てるのならば、小沢の勝ちだった(民主党では無くてね)。
言わば国連に自衛隊を預けてしまう小沢ドクトリン。
国連決議無しでは自衛も無理では無いかと思ったが、解釈が違った。
国際法にも決議にも、安保にすら自衛権の行使は触れないとの事。
決議を無視して突っ走るアメリカの振る舞いに、追従しないで済む選択肢としては現実的かもしれない。
ここから段階を踏んで、憲法改正、安保解消、徴兵制等々進んで行けば真の独立国家に復活しうるかもしれない。
というわけで、次も民主党に一票入れます。

スポンサーサイト



撤退

  • 2007/11/29(木) 15:59:47

エスタ西館リニューアル後の撤退一軒目決定。
「餅蔵」さん。

サヴァン症候群

  • 2007/11/28(水) 18:49:35

20071128184934
映画レインマンで一躍知れ渡った病名?ですよね。
床に落とした爪楊枝の数を瞬時に数えたり、一万年後の誕生日の曜日を当てたり、電話帳を丸暗記したりする能力を持ちながら自閉症だったりアスペルガー症候群(人の気持ちを理解するのが困難、こだわりが強すぎて新しい事に順応出来ない、ただし言葉に障害は殆ど無い)だったりする高機能障害?です。

著者もサヴァンで十一ヶ国語を操り、πの暗唱のヨーロッパ記録を持ち、カレンダー計算を難無くこなすサヴァンにしてアスペルガー症候群。

題名にあるように、著者は数字一つ一つに対応した形が「見える」らしい。独自の感覚を解りやすく説明している。
こういう感覚を共感覚って言うらしい、例えばごちゃごちゃした景色を見て喧しく感じたり、弾ける音を聞いただけで火花が見えたりとか、有名なのはシェイクスピアの「苦い寒さだ」とかの表現。

美しい数字の列?は美しい山脈に具体的に見えるみたい。
脳の情報処理の仕方が少し違うだけで、物の捕らえ方は劇的に変質するんだね。

本には我々にも記憶力を飛躍的に高める為のヒントが散りばめられてますよ。
キーワードは映像化。記号に色と形を与えるだけで、凄く記憶しやすくなるようです。

あと、障害。
自閉症からアスペルガ、オタクまで実は程度の差でしかないらしい。
「どんぐりの家」的シーンも結構有って、グッときます。
ハードカバーの割には、短くてコストパフォーマンスにやや難ありなので、文庫化されるのを待って読むのも良いかも。

南氷洋波高し

  • 2007/11/25(日) 16:23:36

オーストラリアで労働党が政権を取ってしまった。
非常に強硬に捕鯨に反対している、排他的な党だ。
牛肉食に比べると環境に対して遥かにインパクトの少ないのが鯨肉食だ。
国際捕鯨委員会で、どんなえげつない手を使っても捕鯨再開を可決させなくてはいけない。

やっぱり神の見えざる手は無い

  • 2007/11/25(日) 11:11:36

資本主義を放置すると悪魔の見えざる手が動き出す。
かつて世界の基軸通貨と言えば大英帝国のポンドであった。
今はドルがその地位に収まっている。
昔は文字通り金本位制だったので、ポンドは金で担保されていた。

現在、ドルは担保となるものが無い。言わば偽金と言っても良いのだが、世界中で使用しても良い事になっている。
アメリカ政府への信用取引って事だ。
結局、実際に存在する金の何百倍ものマネーが動いている。

で、今、サブプライムローン問題。
サブプライムローンてさ、家を買うなら、年収の何十倍ものローンを組めるのね。
パートさんの給料でも庭付き一戸建てが買えるくらい。
空前の住宅バブルに沸いていた訳よ。
どんどん住宅の値段が上がっていったのね。そしたら又、更にローンが組める仕組みだったのよ。
ただし、これだと価格が横這いになっただけで破綻。
サブプライムローンは他のローン債権なんかと組合せて証券化けされて売られていたんだけど、何故か格付けは良かった。
永遠に上がり続ける商品なんて存在しないのにね。

で、案の定バブル破綻。

アメリカではITバブル→住宅バブルと来ました。

次は?

はい!穀物・石油バブルです!

ニューヨークで取引される原油価格が世界価格の基準になるんだけど、投機マネーの恰好の投機対象。
上がって嬉しい産油国は増産して価格を押し下げない。
かつてはイラクが良く裏切って増産していたんだけど、フセインはもう居ない。

膨らんだオイルマネーは石油と穀物に投機を続け、どんどん膨らみ続ける事に。

前にも少し書いた事があるんだけど、穀物価格の浄書は最近のバイオ・エタノール導入が契機。
地産地消でなければ、くそも環境に優しく無いんだけど、強引に進みめられてる。

投機マネーは何でも良いから上がる物を買いあさって去って行く飛蝗みたいなもんだから本当に性質が悪い。

穀物も石油も外国に強く依存している日本は非常に危険な状態にあると言える。

アメリカ経済の破綻は日本経済の破綻であるほど、両国の経済は密接である。
アメリカとどうやって離れるかが課題だ。

オージー

  • 2007/11/20(火) 08:23:36

座頭鯨の調査捕鯨にえらく反対しているらしいな。
お約束通りの感情論をぶちまけやがって。
牛肉の味しか知らぬ様では、所詮流刑者の子孫よと謗られても反論は出来るまい。
食とは文化なのだ。
草木に至るまで生き物全て人類の為に創られた訳では無い。

根底に感謝の念を持たぬ奴らに理解はできない。

罪を我々にも押し付けないで欲しいもんだな。

相対性理論

  • 2007/11/17(土) 23:45:56

移動する乗り物のスピードが速ければ速い程、乗り物の内部の時間の流れは遅くなります。
ピンと来ません。
でも、実験でも確認されている事実です。

となると、我々が一般的に利用出来る一番速い乗り物である飛行機、
これで世界中を飛び回っているビジネスマンや外交官、要人なんかはどうなんですかね?

私事で恐縮ですが、実際に飛行機での移動一回につき恐怖新聞一回分の寿命を払っている気がしてなりません。

今年は催事に五回、飛行機で五往復。
んー、まだ終わって無いけど疲れた。
減らした方が良いものか。
どうする?俺?
何処でもドアが有れば!!

ワープする宇宙

  • 2007/11/12(月) 11:05:12

20071112110511
SF好きの皆さん、お待たせしました。
少し不思議な訳ではありません。

これを読んで解ったつもりになる!これが大事なのです。
一般、特殊相対性理論、重力、量子力学、超ひも理論等々、解ったつもりになれます!
作者が美人ですが、購入意欲を高める一因になったことは否めない事実です。

合わせて破壊魔定光も読むと、より一層楽しめます。

以前、車椅子の天才ことホーキング博士の本を読んだときも解ったつもりになって楽しかったなあ。
好きな奴だけ読め!っつうことです。

沖縄戦集団自決強制削除問題

  • 2007/11/07(水) 06:54:57

「軍の強要によるもの」という記述に検定意見がついて修正された。

軍の関与はあった。
集団自決もあった。
誰も否定してないよね。
ただ、命令はどうだろ?
強制もどうだろ?
大江健三郎への名誉毀損裁判も行われている。
大体、検定前も後も沖縄戦の悲惨さに於いては何も変わって無いしね。
保守にしてみれば、まだまだ自虐的な歴史教科書。

うんざりだ。

スタンス

  • 2007/11/06(火) 06:05:13

このブログも政治ネタがほとんどなので、ここらでスタンスを纏めておきたいと思います。
因みに私、ローマ帝国を夢みる危ないオッサンですので悪しからず。
究極の目的はアメリカともっかいやって勝つ事。

徴兵制の復活、男女問わず。
普通選挙の廃止。
選挙権、被選挙権の制限。例えば兵役経験有や試験制度の導入とか。
小選挙区の廃止。大選挙区の導入。
参院の廃止。
衆院議員の大幅な削減。
改憲ではなく、現行憲法の廃棄。新憲法の制定。
アメリカとの同盟破棄。
武装中立国化。
核化。
国民主権の立憲君首制。
戦前は統帥権の所在が曖昧だった故、指揮系統と国家としての意志決定に混乱を招いたので、大統領制も並立させる。
ただし内閣府は国会議員のみとする。
元首は天皇。
行政の長は大統領、立法権を持つ衆院に対する拒否権、軍の統帥権含む。

こんな所かなあ。
各論はまた今度。

阿呆か!

  • 2007/11/05(月) 18:57:21

20071105185719
さっさと潰れてしまえっ!

小沢

  • 2007/11/05(月) 11:37:03

連立したかったのか!?

んー、自民党も民主党も政策の差があまりない。
共産と選挙協力することに忸怩たる思いがあったのか。
連立出来なかった責任を取ったて筋読みでよいのかな?

シンゾウの責任放棄とは全く別物だけどね。

福田

  • 2007/11/03(土) 17:20:55

焦りすぎ。
アメリカと給油の密約でもあんのかね?

あと、外交で相手の嫌がることをしないって。
げええっ!!
嫌がることをするのが外交ですって!

ミートホープ騒動

  • 2007/11/02(金) 17:36:47

20071102173646
先日、「立ち読みの進め」のコメント欄でスピリッツの美味しんぼで中国産の食品に関してやってるよと書いてあったので、早速立ち読み。 この本がネタになってるので、読み返してみる。豚骨ラーメンのスープを作るのに二十種類ぐらいの添加物だけ!で作るくだりがあるんだけど、漫画でみると迫力倍増。寒気立つシーンだ。 ただしこの本、添加物を一方的に断罪している訳では無い。消費者は恩恵を受けていると言うのだ。すなわち、安さと利便性。安くて旨い、何が悪いのだろう?例え代償が健康や味覚を支払おうと。 先日のミートホープ騒動でも社長が言っていたではないか。みんな安くて喜んでいたじゃないか!?と。あまりにも核心を突いた言葉である。引き取り手の無いクズ肉を、あの社長は創意と工夫で美味しく食べれるようにしたのだ。大体、あんな値段で牛肉だけのコロッケ作れる訳無いよ。例えばさ、売価百円のもの作るのに原価は三十五円ぐらいかかるのよ。安いと思う?水道ガス光熱費に家賃、人件費、運賃、包装材料、宣伝費に税金などなど諸経費を考えるとかけられる原価ってそれぐらい。寧ろかけてる方。 もし自分で作るなら材料に百円かけられる訳ですよ。 自分で作りもしないで、ただただ安い物を追い求める。そのくせ表示がおかしい、異物が混入されていた、農薬が基準値より検出された、賞味期限が切れている、等々で声高に企業責任を問う。おかしいのは消費者だよ。 例えば保存食品じゃないのに腐らない物はオカシイって感覚を取り戻さないと駄目だって。 最近、食育が流行っているみたいだけど、輸入食品の弊害と選び方、便利さを犠牲にしないとまともな物は食べられないとか、包括的な教育をしないと、より阿呆な消費者を生むだけなので気をつけて欲しいです。 で、お願い。ちょっと高くても、別にオーガニック(これはこれで胡散臭いもの大し)じゃなくて良いので国産の物を買って生産者を支えて下さい。 悲しいけど、まともな物を探すのが大変な所まで来ちゃってるんだよね。