FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり神の見えざる手は無い

  • 2007/11/25(日) 11:11:36

資本主義を放置すると悪魔の見えざる手が動き出す。
かつて世界の基軸通貨と言えば大英帝国のポンドであった。
今はドルがその地位に収まっている。
昔は文字通り金本位制だったので、ポンドは金で担保されていた。

現在、ドルは担保となるものが無い。言わば偽金と言っても良いのだが、世界中で使用しても良い事になっている。
アメリカ政府への信用取引って事だ。
結局、実際に存在する金の何百倍ものマネーが動いている。

で、今、サブプライムローン問題。
サブプライムローンてさ、家を買うなら、年収の何十倍ものローンを組めるのね。
パートさんの給料でも庭付き一戸建てが買えるくらい。
空前の住宅バブルに沸いていた訳よ。
どんどん住宅の値段が上がっていったのね。そしたら又、更にローンが組める仕組みだったのよ。
ただし、これだと価格が横這いになっただけで破綻。
サブプライムローンは他のローン債権なんかと組合せて証券化けされて売られていたんだけど、何故か格付けは良かった。
永遠に上がり続ける商品なんて存在しないのにね。

で、案の定バブル破綻。

アメリカではITバブル→住宅バブルと来ました。

次は?

はい!穀物・石油バブルです!

ニューヨークで取引される原油価格が世界価格の基準になるんだけど、投機マネーの恰好の投機対象。
上がって嬉しい産油国は増産して価格を押し下げない。
かつてはイラクが良く裏切って増産していたんだけど、フセインはもう居ない。

膨らんだオイルマネーは石油と穀物に投機を続け、どんどん膨らみ続ける事に。

前にも少し書いた事があるんだけど、穀物価格の浄書は最近のバイオ・エタノール導入が契機。
地産地消でなければ、くそも環境に優しく無いんだけど、強引に進みめられてる。

投機マネーは何でも良いから上がる物を買いあさって去って行く飛蝗みたいなもんだから本当に性質が悪い。

穀物も石油も外国に強く依存している日本は非常に危険な状態にあると言える。

アメリカ経済の破綻は日本経済の破綻であるほど、両国の経済は密接である。
アメリカとどうやって離れるかが課題だ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。