FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺドファイル

  • 2008/09/15(月) 05:57:51

闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る

幼児売買、幼児売春、臓器売買と目を覆いたくなるテーマ。
年端も行かぬ8歳前後の子供が貧困や口減らしの為に売られ、あるいは難民キャンプから連れ去られ、変態相手に性の捌け口にされると言う、まあ胸糞の悪いお話。
フィクションだが、ある子供は8歳の時に売られ、10歳でエイズを発症するまで毎晩3~4人の客を取らされ、エイズになった途端、生きたままゴミ捨て場に捨てられると言うもの。
子供が自らの意思で春を売り、口を糊することは無く、ただただ虐待されているだけです。
先進国では表向き幼児専門の売春宿などは存在しません。
かわりに発展途上国で子供が売られる訳です。
変態のネットワークは凄まじく、世界規模で情報交換されているそうです。
どんな性性癖をもとうが構いませんが幼児性愛だけは駄目です。単純に虐待にしかなりませんからね。
家でマスターベーションでもかいて寝てろ!ですね。

思うに、日本の第二次大戦での敗北がアジアでの幼児売春を防げなかった原因の一つでもあります。
日本が勝利し、日本的価値観においてアジアの真の開放を成し遂げていたならば、ある程度防ぐことが出来ていただろうと思います。
日本は愚民化政策を取りません、あるのは皇民化でしたから、例えわが国が貧しくなろうともインフラを整備し学校を建て教育を施し、日本国民同様の教育水準を成し遂げていた事だろうと思われます。

今のわが国の様なへたれな国には望むべくも無いのですが、戦略は無いが志だけは高かった戦前の大日本帝国の様な国でなければ、やはり覇者の資格は無いと思われます。

わが国固有の美徳を世界に広めたかったのう、しまぶーよ。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。